守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
「銀歯はどうしたらいいのですか?」

「銀歯はどうしたらいいのですか?」

先週の続きです。
「今、すでに入っている銀歯は外した方が良いのですか?」
「痛くなった時に外したら良いのですか?」
「どうしたらいいのですか?」

よく聞かれます。
「今、すでに入っている銀歯は外した方が良いのですか?」への回答(太田貴司個人としての)
→①「ご心配であれば外してもいいでしょう」とお伝えしています。
  私も含め、歯科医師は銀歯の下のむし歯、その怖さを知っています。
  ご心配であれば外しましょう。
  外して初めて分かるむし歯も少なくありません。
 ②「定期健診で経過を追いましょう」とお伝えすることもあります。
  見た目では全く分かりません。
  レントゲンを撮影することが重要です。
  そのレントゲンを時系列で追っていきます。
 ③「今すぐに全部外さなくても良いかもしれません」とお伝えすることもあります。
  こうお伝えする方は、よくブラッシングをされていて、生活習慣も整っている方です。

「痛くなった時に外したら良いのですか?」
このご質問も頂きます。
答えは「No」です。
歯以外のお身体もそうですが、痛くなった時は手遅れのこともあります。
痛くなってからでは遅いです。
特に歯は痛くなってからですと、抜歯や抜髄(神経を取る)の可能性があり、痛くなってからでは遅いです。
ぜひ痛くなる前に定期健診を続けましょう。

つまり、いかにも怪しい銀歯以外の判断は‥‥(太田貴司個人の意見)
①健診でレントゲンを撮影し、チェック
②レントゲンを撮影しない健診の日は、目で確認
 (目だけでは、銀歯の下は分かりません。しかし、歯と銀歯の隙間からのむし歯であれば発見できます。)
③ごくごくたまに、「銀歯を全部外してください」とおっしゃる方がいます。
 それが理想は理想です。
 ただ、あまり現実的ではないのかもしれませんね。

銀歯に代わる治療。
①コンポジットレジン
②セラミック
③ジルコニア
④ゴールド(金歯)
などがあります。

それぞれ利点欠点があり、全てを網羅した材料はありません。
全てとは、見た目・長持ち・削る量の少なさ・機能性です。

そもそも、「材料」であって、「歯」ではありません。
それだけ素晴らしい「材料」でも、あなたが生まれながらに授かった「歯」に勝るものはありません。
あなたの「歯」こそ全てを網羅した身体の一部なのです。

定期健診で歯を守っていきましょう。
補足として、定期健診は、あくまでも「定期的」です。
「半年前の定期健診でむし歯はなかったからもう大丈夫」というお考えは危険です。
ぜひ「定期的に」健診を受けましょう。

2018年5月23日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分