守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
日本の「銀歯を少しずつ減らそう」とする動き

今までは、「奥歯で型を採る治療」となると保険治療では銀歯しか選択肢がありませんでした。

しかし、銀歯は目立ちます。

敬遠されることも少なくないです。

 

2014年、保険治療において歴史的な転機が訪れました。

「歯科用CADCAMシステムを用いたハイブリッドレジンによる歯冠補綴」が保険治療に組み込まれました!!!

キャドカムと呼びます。

 

?????

一般の方は、丸っきり意味が分からないと思います。

簡単に言うと、「保険治療で白い歯が手に入る」ということです。

 

条件があり、何でもかんでも白い歯というわけではないのですが、これまでの方針が大きく変わりました。

すごい時代になったと思います。

 

CADCAMシステムとは、機械で白いブロックから削りだして歯をつくること。

従来は、歯科技工士さんが手作業でつくっていました。

 

ハイブリッドとは、「混ぜ合わさったもの」。

ハイブリッド自動車は、ガソリンと電気の両方で動く車。

歯科のハイブリッド冠とは、セラミックス(陶器)とレジン(歯科の治療で使われる樹脂)を混ぜ合わせてつくる被せ物のこと。

 

歯は親知らずを除くと、前から数えて1番目から7番目まであります。

1~3番は昔から保険治療で白い歯ができました。

2014年の4月から、4、5番目にも保険治療でCADCAM冠を入れられるようになっています。

そして2017年の12月から、下の6番目にも保険治療でCADCAM冠が入れられるようになりました。(ただし、上下左右の7番目があることが条件です)

ここ数年で、歯科の歴史が大きく動きます。

 

保険で白い歯が入れられることは、患者さんとって大きなメリットがあります。

 

しかし、欠点もあります。

「保険外治療の白い歯(100%セラミックやジルコニア)に比べ、割れやすい・外れやすい」ということです。

 

CADCAM冠が向かない歯

・元々の歯が薄い

CADCAM冠を入れると、痛くなりそうな歯(CADCAM冠が割れやすいという欠点を補うため、歯を大きく削ります。大きく削ると治療後、痛くなったりしみたりする恐れがあります)

・歯ぎしり、食いしばりがある

・部分的な歯には入れられません(上から丸々被せる、いわゆるクラウンにのみCADCAM冠ができます。部分的な詰め物であるインレーにはできません)

があります。

 

CADCAM冠自体がトラブルを起こすことは人工物なので、避けられない部分はあります。

しかし保険で安く白い歯を入れたいがために、歯を大きく削り結果痛くなったら、元も子もありません。

「それだったら銀歯の方が良かった」となりかねません。

 

何でもかんでもCADCAM冠が良いというわけではありません。

いつも慎重に説明し、治療をしています。

それでも入れると喜ばれるので、日常的にはCADCAM冠を扱ってはいますよ。

 

2018年6月27日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分