守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
妊娠中でも、歯の治療はできますか?

滋賀県守山市の歯医者、おおた歯科こども歯科、院長太田貴司です 。 基本的には、妊娠中でも治療を受けられます。   「妊娠したらむし歯が増えた!」 「妊娠したら歯ぐきが腫れるようになった!血が出るようになった!」 「妊娠したら親知らずが痛くなるようになった!」   日々遭遇します。 これらは、女性ホルモンが変化することで起きます。 歯周病の菌には、女性ホルモンを栄養源にする菌がいます。 妊娠によって女性ホルモンが増えるので、その菌が活発になるのです。 その上、妊娠で唾液が減る・甘いもの酸っぱいものが欲しくなる・つわりで歯が磨けなくなるといった条件も加わります。   それなのに「妊娠しているから歯科治療を受けられない」と思いこまれている方が多いです。 レントゲン、飲み薬、麻酔……。 不安要素は多いですよね。   しかし、むし歯・歯周病を放置すると、出産後はもっと大変になる可能性があります。 さらに、妊娠中でも歯科治療は可能です。 まずはご相談ください。   ①レントゲン  歯科のレントゲンは被ばく量がとても少ないです。  レントゲンの被ばく量は、1年間日常浴びている自然被ばく量の約1/200です。  レントゲンというといかにも被ばくというイメージですが、とても少ないのです。 ②麻酔  歯科での麻酔も、量はとても少ないです。  この麻酔も、帝王切開や無痛分娩に使う麻酔と同じです。  ほぼ …続きを読む

2018年9月12日

滅菌こそ医療の源!!

滋賀県守山市、おおた歯科こども歯科の太田貴司です。   「滅菌」という言葉をご存知ですか? この言葉が大きくクローズアップされるきっかけがありました。   それは2014.5/18の読売新聞に大きく報道された記事が発端でした。 「歯を削る機器、7割が使いまわし」 「滅菌せず 院内感染懸念」 の深い意味はわからずとも、センセーショナルな見出しといえますよね。   記事では難しい文章が続きますが、簡単に言うと ・「歯科医院の約70%は、削る道具を汚いまま、使いまわしをしている」 ・「使いまわしをすると、他人のばい菌が移る可能性がある」 ということです。 怖いですよね。 「人の口に入ったものが自分の口に入る」というだけでも不快だというのに、まさか気分が悪いだけではなく、他の人からばい菌を移されているかもしれないとは。 その事実を知った人たちは、治療をするため通院しているのに、かえって病気になってしまう可能性があるなんて、と皆口を揃えて驚きました。   そもそも、滅菌とはなんでしょうか?   あまり聞き慣れない言葉です。 『滅菌=すべての微生物を除去する』 対して、よく聞く「消毒」とは? 『消毒=菌を減らす』 です。減らすだけです。 馴染みのあるこの言葉。私たちはどこかで消毒が万能だと思いこんでいる節がありました。   しかし、実 …続きを読む

2018年9月8日

新発見!

滋賀県守山市の歯医者、おおた歯科こども歯科、院長太田貴司です 。 歯周病が重度な人は、日中や夜間に無意識に歯を咬み合わせていることが発見されました。   歯周病の原因と言えば、 ①歯周病菌 ②歯磨き不足 ③歯石 です。   リスクファクターとして、 ①糖尿病 ②喫煙 ③高血圧 ④高脂血症 ⑤肥満 ⑥合っていない被せ物・詰め物 ⑦妊娠 などがあります。   一つだけではないのです。 残念ながら、ここに一つ増えることになってしまいました。 新たな発見があったことを、岡山大学がしました。   【岡山大学のホームページより】 岡山大学の研究グループは、研究グループの講座で開発した携帯型の長時間記録装置を用いることで、くいしばりや歯ぎしりといった昼夜の「咬みしめ」が、歯周病の重症度と関連していることを発見しました。 これらの研究成果は2018年6月、イギリスの医学雑誌である「Archives of Oral Biology」に掲載されました。 くいしばりや歯ぎしりと、歯周病との関係はこれまで明らかになっていませんでした。 なぜなら、実際の咬みしめを長時間記録することができなかったからです。 今回、研究グループの講座で開発した携帯型の24時間記録装置を用いて歯周病患者の昼夜の咬みしめを記録しました。 その結果、日中は目が覚めているにもかかわらず歯周病が重 …続きを読む

2018年9月5日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分